天心堂梅崎薬局・薬品は漢方相談と保険調剤を通して、あなたの元気で楽しい人生を応援します

リウマチの養生

リウマチの養生

このページはブログに記載した記事を
再編集したものです。

「朝起きる時に手がこわばり、動かしにくい」
「肘や膝、足首などの関節に違和感・痛みがある」
「関節が腫れて熱があるように感じる」
「生活に支障がでる」
「女性がなりやすい」

これらの特徴を持つ病気。
それは関節リウマチです。

  • 生活に支障を来す、女性に多い病気
    • 生活に支障がでて、女性に多い病気とは

      「朝起きる時に手がこわばり、動かしにくい」
      「肘や膝、足首などの関節に違和感・痛みがある」
      「関節が腫れて熱があるように感じる」
      「生活に支障がでる」
      「女性がなりやすい」

      これらの特徴を持つ病気。
      それは関節リウマチです。

      患者数はおよそ70万人~100万人。
      男性よりも女性がなりやすく、
      20代~50代で発症する人が多いようです。

      リウマチになるとどうなる?

      関節痛

      手の指(特に指先から2番目)
      足の指
      手首


      これらの関節が腫れ、熱感があり、痛みが出ます。

      関節リウマチが進行すると、
      関節が壊れて変形し、関節の骨と骨が密着します。
      そうなると、関節を動かすことが出来ません。
      ですから生活に支障を来してしまうんです。

      関節以外にも症状が出ることがあります。
      具体的には
      ●全身の脱力感
      ●熱っぽい
      ●食欲不振
      ●体重の減少
      ●貧血
      ●筋力低下・萎縮
      などなど。

      さらに進行すれば、目や肺
      皮膚などにも症状を引き起こします

      関節リウマチの原因は?

      様々な症状を引き起こす関節リウマチ。
      その原因は「自己免疫疾患」です。
      つまり、本来外敵から身を守る免疫が、
      自分で自分の体を攻撃してしまうことだと言われます。

      ポイント

      検査

      ただし、まだはっきりと原因が究明されていません。
      ですから、関節リウマチの対策としては
      体全体を正しく機能させるための予防と養生
      それに早期発見と早期治療が大切になります。

  • 関節リウマチの検査とは?
    • リウマチは早期発見、早期治療が大切、
      とお話しました。
      でも、検査内容が分からないと、不安ですよね。
      そこで今回は、検査の内容を簡単にお話します。

      検査女性

      リウマチの検査は3種類

      1.血液検査
        血沈(赤血球について)
        CRP(リウマチによる関節炎の程度)
        抗CCP抗体(リウマチの早期診断)
        リウマトイド因子(この値が高いとリウマチが疑われる)
        マトリックスメタロプロテアージ3(リウマチ診断の補助)

      2.尿検査
        尿たんぱく(リウマチによる腎機能の低下)

      3.骨や関節画像の検査
        レントゲン
        CT
        MRI
        (関節の状態を目で確認する)

      これらが検査で行われます。


      リウマチの診断

      検査だけではなく、米国リウマチ学会の
      診断基準を用いて診断されます。

      聞きなれない単語が並びましたが、
      血液検査、尿検査、画像検査など
      複合的な検査の末に、リウマチが診断されます。

      リウマチと間違いやすい病気

      関節リウマチの症状は
      昨日お話した通りです。
      しかし、リウマチと間違いやすい病気もあります。

      ポイント

      膠原病(全身性エリテマトーデスなど)
      感染症(細菌性関節炎など)
      変形関節症や痛風などもあります。

      自己判断せず、早めに検査をするようにして下さいね!

  • リウマチの漢方的な考え方はコレ!
    • 「通じざれば、すなわち痛む」
      これ、漢方の考え方の一つです。
      「流れが滞った所に痛みやしびれが出る」という意味です。

      何が滞るの?
      漢方には気・血・水という3つの要素が、
      過不足なく、滞りなく体を巡っていると、
      健康な状態を保てる、という考えがあります。

      気というのは生命エネルギーのこと。
      血はそのまま血液、水は血液以外の水分です。

      この気や血の流れが順調だと問題ありません。
      しかし、何かの原因で流れが滞ると
      「痛み」という症状が出てしまいます
      関節リウマチでも、同じように考えます。

      流れが滞る原因として、温度湿度などの環境、
      食事や運動などの生活習慣、疲労、体質が影響して、
      「気・血・水」の流れが滞ります。

      痛みを緩和するために

      流れが滞るから痛みが出る。
      であれば、順調に流れるようにしてあげればいい。
      漢方では痛みをこのようにして取り除きます。

      この、気血水の流れ、というのは
      ちょっとイメージしにくいかもしれませんね。
      なんとな~く、エネルギーが一か所に溜まっちゃうと
      熱そうだな、それって炎症なのかな~、
      くらいのイメージを持って下さい。

      関節リウマチに関しては、西洋医学の治療と
      漢方の両方を上手に利用するのがオススメです。
      症状をひどくせず、落ち着かせる方法をとりましょう。

      痛みをとるには温める・冷やす?

      痛みをとる場合、温めることもあれば
      冷やすこともありますよね。

      どちらが痛みをとるのに良いんでしょうか?

      ポイント

      正解は「場合による」です。
      簡単には、お風呂に入って楽になるような
      痛みなら、温めましょう。

      逆に、お風呂に入って痛みが増すなら冷やします。
      一概に温める・冷やすで決めるのではなく、
      患部の状態と相談しながら対応しましょう!

  • 関節リウマチを良くする養生法
    • 一番大切なのは免疫

      免疫が強い

      関節リウマチをはじめとする、自己免疫疾患は
      免疫のバランスが悪くなって起こる病気です。

      であれば、免疫のバランスを整える
      生活をすることが大事ですよね!

      免疫のバランスを整えるために、
      まず第一に取り掛かりたいのが、
      内臓、特に肝臓や胃腸を弱らせないこと。

      健康な胃健康な腸

      暴飲暴食、早食い、お酒の飲み過ぎなど、
      内臓に負担のかかることは避けましょう。
      バランスの取れた食事を、よく噛んで食べる。
      これが基本です!

      また、肥満は関節に負担がかかりやすくなります。
      脂っこいものや甘いものの食べ過ぎは要注意!

      夜更かしや睡眠不足も注意して下さいね。
      内臓や体の疲れの原因になります。

      その他の養生法

      免疫だけでなく、体全体に影響する要素がストレス。
      ストレスがかかりすぎる状態は、
      関節リウマチの症状も悪化させます。
      ストレス発散を心がけましょうね!

      運動やストレッチも大切です。
      しかし、無理をしたり、
      状態に合わない運動をすると
      かえって悪化する場合も・・・

      運動についてはかかりつけの医師の
      指示に従いながら、行ってください!

      関節に負担をかけない工夫

      全く負担をかけないのもいけませんが、
      動かし過ぎや負担のかけ過ぎもいけません。
      関節に負担をかけないコツをちょっとだけご紹介。

      ポイント

      手提げバッグって持ち歩きます?
      あれ、意外と関節に負担をかけます。
      リュックにして体全体に負担を分散することで、
      各々の関節への負担が軽くなります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional