天心堂梅崎薬局・薬品は漢方相談と保険調剤を通して、あなたの元気で楽しい人生を応援します

冷え対策

漢方で冷え性改善

文字サイズ:

このページはブログに記載した記事を
再編集したものです。

  • 1分で誰でもできる!超簡単!隠れ冷えチェック

    • 冷え症でお悩みの方は自覚症状がある場合も多いです。
      しかし、実はご自身では気付いていないけれど

      身体が冷えている、という場合も少なくありません。

      隠れ冷え男女関係なく見受けられます。
      冷えについて意識することの少ない
      男性の方が隠れ冷えが多いかもしれませんね。

      そこで、超簡単、すぐできる「隠れ冷え」チェックで
      身体が冷えていないかチェックしてみましょう!

      お風呂

      □お腹に手を置くと温かく感じる
      □膝に手を置くと暖かく感じる
      □お風呂に入ると体の調子が良くなる
      □夏になると身体の調子が良い
      □冬になると膝が痛い
      □昼になると体調が良くなる

      1つでもチェックがついたら、
      「隠れ冷え」かもしれません。

      隠れ冷えは自覚がないことが多々あります。
      自覚がなくても体が冷えていると、
      免疫力の低下や自律神経の乱れなど様々な症状が出ます。

      冷えが病気に発展してしまう前に、
      チェックのついた方は今すぐご相談を!

  • 寒がりと冷え症は違う??

    • 寒がりと冷え症の違いってご存知ですか?
      あなたは寒がり?それとも冷え症?



      寒がりと冷え症は違います。

      寒い

      寒がりの方は、寒さに敏感で
      同じ寒さでも、他の方より大きな寒さに感じるだけ。

      寒い日は大変でしょうが、治す必要はありません。
      厚着をするなど、寒さ対策を万全にして下さい。

      冷え症の場合は、例えば手先足先が痛いくらい冷えてる、とか
      手足が冷えて眠れない、とか
      生理痛や肩こり、腰痛がひどい、とか
      のぼせが出ている、とか・・・
      冷え症の症状が出ている場合は要注意。

      冷え症の方は
      身体の隅々まで「熱」を運びにくい体になってしまっている方
      です。

      例えば低代謝で身体が熱を作りにくくなっていたり、
      血流が悪く、体中に熱を運べなかったり。

      原因は様々ですが、冷え症の方は
      温めるだけでは症状が改善しにくい」のが特徴です。

      冷えは万病の元、とも言います。
      冷えの影響は体中に出てきちゃうんです。

  • 冷えの影響ってご存知ですか?

    • ざっっっくり言っちゃいますと、

      「体中に出ます」

      手足が冷たくて痛いだけではないんです。
      あまりに多すぎて書ききれないくらい。

      例えば、体が冷えると膝痛・腰痛・頭痛・生理痛など
      身体の痛みが強くなります。

      他に、主だったところでは
      便秘や下痢などの消化器症状
      疲労感や脱力感、不安感などの精神症状
      不妊、生理不順など女性の悩み
      などなど。

      更に

      体温が1℃下がると、代謝が10~20%下がり、
      免疫力が30%も低下するとも言われています。
      免疫力が下がるって、大変ですよね!

      でも、人間は恒温動物で、体温を一定に
      保っていなければ生きられません。
      冷えが体に与える影響が大きいのもうなずけます。

      冷えの原因の一つに血流の悪化があります。
      ということは、冷えは血液の循環が
      悪くなっているサイン、とも言えるんですね。



      黄色信号

      冷えは体が発する「黄色信号」なんです。

      人間は血液によって体中に栄養を運んでいます。
      その栄養で体を正常に保ちます。

      この機能がうまく働いていないとき、
      「冷え」という黄色信号が点滅します。

      その結果、色んな病気を引き起こすことになります。
      「冷え」そのものが病気を引き起こすというよりは、
      「冷え」が出るような体の状態が問題なんです。

      だからこそ、冷えを感じていたら放置したり
      冷え対策グッズで我慢してしまわずに、
      すぐに相談して下さい。
      冷えが病気になる前に、元気で人生を楽しめる体を作るために。

  • その冷えの対策は効果的?!冷えの原因と対策が合っていないのかも!?

    • 疑問

      冷えの改善をやってみてるけど、
      思ったほど効果を実感できない・・・

      そんなことはありませんか?

      世の中には冷え対策の情報が溢れていますよね。
      様々なお薬やサプリ、グッズ、入浴法、衣類に食品・・・

      だからこそ、どれを選んでいいのか分からない。
      なかなか自分に合うものが見つからない。

      そんな時はあなたの冷えの原因から考えましょう。
      冷えの原因を簡単に言うと

      1.体温調節がうまくできていない
      2.十分な熱を身体の隅々に届けられない

      のどちらかが原因で、身体を温められないことです。

      なぜ体を温められないか・・・
      それには多くの理由が考えられます。

      例えば身体を冷やす食べ物をたくさん摂っていたり。

      エアコンなどで身体の内部まで冷え込んでいたり。

      生活習慣の乱れから、自律神経のバランスが乱れていたり。

      筋肉量が少ないため、発熱が不十分だったり。

      ホルモンバランスが乱れて、必要な熱が作れていなかったり。

      血流が悪くて熱が届いていなかったり。

      体を締め付ける服装のせいで、血流が悪くなっていたり。

      本当に多くの要因が考えられます。
      よく「冷えはこうやれば治る」という話がありますが、
      冷えの原因は人それぞれ、多種多様なのです。
      だから一概に「これをすれば冷えが治る」というのは
      本当は難しいことなんです。

      ですから効果的な冷え対策を知るためには
      まず、あなたの生活習慣や状況を良く知らなくてはいけません。
      生活習慣やライフスタイルに合った方法を
      きちんと実行することで、効果のある冷え対策が出来ます!

      冷えを感じている方。
      冷え対策をやってみたけど効果が感じられないという方。
      すぐにご相談ください。

  • 冷えを治すのに向いている季節はいつでしょうか?

    • 春夏秋冬

      春夏秋冬、日本は四季のある国ですが、
      冷えを治すのに向いている季節はいつでしょうか?







      答えは

      ズバリ


      夏です!

      理由は簡単。
      暖かい季節の方が血流が良くなりやすいから。
      寒くなると冷えを治しにくいんです。

      冷え症の原因は体を冷やす生活習慣と体質。
      ですから、冷えは良い生活習慣と漢方薬で改善できます。

      冷えが改善すると良いこといっぱいあるんですよ!

      例えば
      ・朝起きが楽になる
      ・風邪をひきにくくなる
      ・肩こりが楽になる
      ・便通が良くなる
      ・生理が順調になる
      ・妊娠しやすくなる

      などなど、嬉しいことばかり!
      「冷えは万病の元」と言いますから
      冷えが改善すれば、良いことがたくさんあって当然ですね。

      寒くなって冷えの辛い症状が出てからの改善も
      もちろん効果がないわけではありません。
      が、やっぱり一番良いのは寒くなる前。
      本格的に寒くなる前に、しっかり改善しておきましょう!
      ご相談をお待ちしています!

  • 暑くなると体重が増える方へ

    • 夏場はやっぱり冷たいものが美味しいですね~。
      私も今日、ついついアイスを食べちゃいました。
      飲み物も冷たくしたくなるし、
      食べ物も冷たいものが欲しくなる。

      でも

      冷たいものの摂りすぎはいけません!

      胃腸の血流が弱くなり、胃腸の働きが低下して
      食欲が落ちてしまいます。

      逆に

      暑くなると食欲が増して体重が増える方もいます。
      ちょっと不思議な気がするかもしれませんが、
      こういう方、結構おられます。

      原因は、「冷え」です。
      普段体が冷えているからこそ、
      暑くなると血流が良くなって食欲が増えるんです。

      そう。
      暑くなると体重が増えるのは
      「低体温・低代謝の特徴」なんです。

      エアコンや冷たいものが手に入りやすい
      現代の夏は「冷えやすい季節」でもあります。

      暑い夏だからこそ、冷え対策
      万全にしておきたいですね!

      冷えでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

      『食は命なり』
      理想はやっぱり一年を通して食欲を落とさないこと。
      食べ物を栄養に変える胃腸を元気に保ちましょう!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional