天心堂梅崎薬局・薬品は漢方相談と保険調剤を通して、あなたの元気で楽しい人生を応援します

糖尿病予防

糖尿病予防

文字サイズ:

このページはブログに記載した記事を
再編集したものです。

  • 血糖値を上げるホルモンは色々!下げるホルモンは…?
    • 血糖値を下げるホルモンはいくつある?

      私たちの体にとって、糖は無くてはならないものです。
      ですから、血糖値を一定に保つためのシステムがあります。

      私たちの体には血糖値を上げるホルモンは、
      「グルカゴン」「カテコールアミン」「コルチゾール」
      「成長ホルモン」といった、多様な種類があります。

      一方、血糖値を下げるホルモンは、わずか1種類
      皆さん、耳にしたことのある「インスリン」
      たった一つだけなんです。

      人類は飢えと戦ってきた

      我々は食物を手に入れられなければ、
      飢えて死んでしまいます。
      飢え死にを防ぐために、体はあの手この手で
      血糖値を上げる手段を生み出しました。

      逆に、長い人類の歴史の中で
      血糖値を下げなければいけないような事態は
      それほど起こらなかったんです。

      そのため、糖が不足しないように上昇ホルモンは多く、
      下げるホルモンは一つっきりになっているのです。

      高カロリー食

      しかし、時代は変わりました。
      今は飽食の時代。
      そして日本は美食の都。
      インスリンの孤独な戦いが続いているわけです。

      特に日本人は太りにくい?

      欧米の方って、時々とんでもなく
      太っている方がおられますよね。
      自力で動けなくなってしまったり。

      欧米人

      逆に、日本人であそこまで太っている方は
      そうそうお目にかかりません。
      ということは、太りやすい欧米人の方が
      日本人より糖尿病になりやすいんでしょうか?

      いいえ。
      実はその逆なんです。
      欧米でも、この40年で糖尿病患者は
      5~10倍に増えています。
      しかし、日本は30~50倍。
      人口比でも欧米の1.5~2倍の患者数です。

      ポイント

      日本人は欧米人に比べて、インスリンが少ないんです。
      欧米の人は、食べ過ぎてもインスリンが頑張ってくれます。
      しかし、インスリンの量が少ない日本人は、
      食べ過ぎると、太る前に糖尿病になるんです。

      ファーストフード

      食の欧米化が進み、欧米人と
      同じような食生活になりつつある昨今。
      しかし、体の作りは違います。
      我々日本人は、痩せていても糖尿病になる、
      ということを、しっかり認識しておく方が良いですよ!

  • 奥様必見!糖尿病の方がいる家庭はとっても大変!!
    • 糖尿病には2種類ある

      糖尿病と一口に言っても、
      全員が全員、同じ糖尿病ではありません。
      糖尿病は大きく分けて2種類あります。

      元気のない膵臓

      1.1型糖尿病
        糖尿病患者全体の5%がこのタイプです。
        ざっくり、生まれつきインスリンが低下する
        体質の方だと思ってください。
        小児や青年期に多く発症し、
        治療はインスリン注射をすることになります。

      2.2型糖尿病
        残り95%がこのタイプ。
        日頃の生活習慣の影響で、糖尿病になるパターンです。

      また、血糖値が高くなる原因もいくつかあります。
      一つはインスリンが出なくなる。
      他に、インスリンが出ても、効きが悪くなる。
      これらの原因で、いつも血糖値が高い状態になるんです。

      2型糖尿病は予防できる!

      高カロリー食

      糖尿病のほとんどの方が2型糖尿病でした。
      その原因は、生活習慣の乱れ。
      運動不足や食事内容、肥満、ストレスなどなど。

      中には妊娠糖尿などもありますが、
      大部分は生活習慣に原因があります。

      ということは。
      予防が出来るんです。
      ここ、とっても大事です。

      自分自身で何とかできる部分が大きいんです。
      でしたら、何とかしましょう!

      特に、ご家庭を預かる主婦の方には
      よ~~~~く聞いていただきたい。
      私、糖尿病の方の率直な意見を聞くために、
      糖尿病患者になりすまして(?)
      糖尿病患者の集いに出掛けています。

      悩んでいる

      そこで素直な意見を聞いてくるんですが、
      ご家族が糖尿病だと、家事がホント大変だそうです!!
      主婦の方の愚痴の大半は、

      「糖尿病用の食事を作るのが大変」

      「他の家族は治療食じゃ満足せんけん、
      結局2種類作らやんっちゃんね~」

      「毎回毎回、栄養成分やら気を付けきらん・・・」

      「運動やらさせやんけど、苦労する」

      そんな話が、それはもう書ききれないくらい。
      ご家族が糖尿病になると、あとあと大変苦労します。
      そうならないよう、今から予防しましょう!

      秘密

      あ、旦那さんにはこんな意見もありました。
      「私は自分が糖尿病やけん、頑張って食事つくるけど、
      ダンナが糖尿病やったら、ここまで頑張らん。ほっとく」

      ・・・ダンナさんも気を付けた方が良さそうですよ。

      でも、血糖値が高くったって、
      痛くもかゆくもないんですよね、実際。

      じゃ、なんで糖尿病になるとイカンのでしょう?

      糖尿病は怖くないけど怖い

      血糖値が高くても何ともない。
      実はこれが糖尿病の一番怖いところ。

      なんともないからこそ、
      取り返しのつかないところまで放置しちゃうんです。
      で、気が付いた時には血糖値が高い状態が続いてる。

      そうなると、血管の砂糖漬けみたいな状態になります。
      よく、果物を砂糖漬けにしたものが売ってますよね。
      砂糖漬けの果物って、硬くてもろくて、簡単にちぎれます。
      血管がそんな状態になるんです。
      そうなると体中で不具合が起きます。

      ポイント

      糖尿の目標指数は色々あります。
      メタボ健診や特定保健指導、糖尿病診断など
      それぞれで基準値が異なります。

      統一的な基準値が分かりにくい状態なのですが、
      天心堂的には下記の数字を目安に考えています。

      Hba1c・・・5.8未満
      空腹時血糖値・・・110未満
      食後2時間血糖値・・・140未満

      これ、特定保健指導の判定基準よりは
      若干緩めですが、メタボ診断や糖尿病診断よりは
      厳しめの数字です。

      血糖測定機は、今は糖尿病の方だけでなく、
      「予防のために使う」という方も増えています。
      当店では各種血糖測定機も扱っていますし、
      消耗品も取り揃えています。
      詳しい使い方や、使いやすい測定機選びのお手伝い、
      困った時のアフターフォローも万全です。

      予防のために使ってみたい!
      という方は、お気軽にご相談下さい!

  • 合併症を防ぐには、この症状をチェックして!
    • 合併症があるから、糖尿病は怖い!

      糖尿病は血管が砂糖漬け状態になって
      ボロボロになる病気です。
      血管は体中にとおっていますから、
      合併症も全身に出ます。

      透析

      主だったところでは、
      「糖尿病性網膜症」=失明する原因 第一位
      「糖尿病腎症」=透析になる疾患 第一位
      「糖尿病足病変」=足の壊死が進み、切断になることも。
      それ以外にも「虚血性心疾患・脳梗塞」
      「糖尿病性神経障害」などがあります。

      目に、腎臓に、足に、血管に、神経に、
      様々な部分に障害が出るんです。

      最近では「歯周病」も第6の糖尿病合併症として
      注目されています。

      糖尿病の主な症状をチェックして!

      失明や足の切断、透析などになると、
      生活状況は大きく変わってしまいます。
      そこまでの状態になる前に
      糖尿病に気付くことが出来れば良いのです。

      そこで、下記の糖尿病の主な症状を
      チェックしてみて下さい。

      ポイント

      疲れてませんか?

      1.のどが異常に渇く
      2.飲み物をたくさん飲む
      3.尿が多くなる
      4.体重が急に減ってくる
      5.体がだるくなる
      などがあります。

      眼科

      また、眼科での診察時に分かる事も
      少なくありませんので、
      目の異常を感じたら、
      速やかに眼科に行くのもおすすめです。

  • 2型糖尿病の方に共通する“食べ方”とは?
    • 早飯・早○○は悪癖です

      私たちみたいな自営業者や忙しい職業の方は、
      どうしても早食いになってしまいます。

      仕事

      高度成長期の日本では
      「早飯・早○○(←おトイレ)」が当たり前でした。
      食事やトイレの時間を惜しんで働いて、
      日本を発展させてくれたのです。

      が!
      健康の観点から言えば、
      残念ながら、これはいけません。

      早食いすると、食後の血糖値が急上昇するためです。
      ゆっくり食事をしている時は、食べるにしたがって
      血糖値が上がって行きます。

      血糖値が上がると、インスリンが分泌され始めます。
      しかし、早食いをしてしまうと、
      血糖値の上昇にインスリンの分泌が追いつきません。
      その結果、食後の血糖値が急上昇してしまうのです。

      高くなりすぎた血糖値が下がりきる前に、
      次の食事を摂ってしまいますから、
      血糖値が常に高い位置にある、ということになります。

      その上、満腹感を感じるより早く、
      どんどん食べてしまうので、
      食べ過ぎにもなりやすいんですよ!!

      ドカ食い

      早食いのせいで大食いになってしまう、というわけです。
      早食いも大食いも、2型糖尿病の方に
      かなりの確率で共通している特徴です。

      手軽に出来る、食べ方改善!!

      食べ順ダイエットって、話題になりましたよね。
      食べ順で痩せられるかは賛否が分かれますが、
      血糖値の上昇を緩やかにするという点では
      効果的だと思っています。

      ポイント

      野菜

      食事は野菜から食べるようにしましょう!
      食後の血糖値を抑えることができます。

      また、しっかり噛むことも大切ですよ!
      よく噛むことで、食べる時間が長くなります。
      早食いが抑えられますから、
      血糖値の上昇がゆっくりになります。
      もちろん食べ過ぎの予防にもなります。

      「食べ方」は長年の習慣になっているので
      改善するのは意外と難しいかもしれません。
      しばらくは意識しながら、取り組んでみて下さい!

  • 出ちゃうなら 燃やしてしまえ 糖分を
    • やっぱり運動!

      糖を燃やすには、やはり運動です。
      酸素を体に取り入れて代謝をアップする有酸素運動、
      筋肉をつけて消費エネルギーを増やす無酸素運動、
      どちらも大切です。

      運動は、毎日継続的に行うのが理想です。
      といっても、我慢して無理にやらないこと。
      続きません!
      苦痛ですから!

      ウォーキング

      大事なのは「ちょっとだけ我慢する」こと。
      散歩、ウォーキング、自転車、階段を使う
      1駅手前で降りて歩く、など
      ちょっとだけ我慢して行う運動を考えましょう!

      我慢しすぎたり難しすぎると続きませんが、
      逆に簡単すぎても、長続きしません。
      「いつでもやれるから」とか
      「簡単だけど効果が薄いから」とか
      言い訳がジャンジャン出てきます。

      そこで、ちょっとだけ我慢が必要な運動をすると
      達成感があり、長続きします。
      ちなみに私が3ヶ月で10kgダイエットした時も
      あんまり我慢しなきゃいけない運動はしてません。

      続けられるように、「ちょっとだけ我慢する」。
      もし、ちょっとだけ我慢する運動が
      上手く見つけられない時は、ご相談下さい!
      一緒に考えましょうね!

      低血糖には要注意!!

      ただし!
      インスリン注射をしている方は
      低血糖を起こす可能性があります
      治療中の方は、かかりつけのお医者さんに相談を!

      飴

      また、運動する時は、低血糖に備えて
      ブドウ糖や飴を準備してから
      運動するようにして下さいね。

      具合が悪くなってから元も子もないですからね~。

      塵も積もれば山となる!

      それほど無理が大きくなくて
      続けやすい方法をご提案します。
      ポイント




      立って過ごす!

      以上です。

      つり革

      いやまぁ、ずっと立ってるってわけじゃなく、
      電車とかバスとか、座っても立っても良い時は、
      出来るだけ立つようにしておきましょう!
      立ってるだけでも、カロリーを少し消費します。

      少しずつでも良いんです!
      塵も積もれば山となる!
      千里の道も一歩から!
      コツコツコツコツ、やっていきましょう!

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional