こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。

今年は例年になく早い梅雨入りとなってしまい、ムシムシした日が続きますね。

まだまだマスクも外せない今の時期。このような気候になると心配になってくるのが「熱中症」です。

今回は「熱中症」と東洋医学の関わりをみていきたいと思います。

 

「熱中症」とは、体温の上昇によって体内の水分や塩分を失ってしまうことで、脳への血流が不足してその機能が低下してしまう症状です。

発症要因は炎天下の下や気温が高いなどの気象条件で起こりやすいですが、加えて湿度が高い、風が吹かないといった状況が重なり体温が上がり、体の熱が逃げにくい状況になったときに、より起こりやすくなります。

 

これを東洋医学では、暑邪(暑さ)と湿邪(湿度)という邪気が身体に侵入してくることが原因で起こると考えます。

本来元気な身体であれば、それらを自身が持つバリア機能で跳ね返せるのですが、それが出来なくなってしまうんです。

 

具体的な症状としては

  • 熱で頭が働かずボーっとする
  • 皮膚の弱い人は赤みが強く出る
  • ひどく汗をかく
  • 食欲がなくなる
  • のどが渇く

などのようなことが起こります。

そのなかでも、特に汗のかきすぎは要注意です。

だらだらと汗が出て身体の水分が失われてしまうと、身体をみずみずしく保つ「津液(しんえき)」という体液が減り、それに伴い「気(エネルギー)」も消耗してしまい、倦怠感や息切れといった体調不良につながります。

「気・血・水」の詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

漢方的 元気でいるための三要素とは? | 天心堂梅崎薬局・薬品|福岡県柳川市で漢方を中心とした相談専門薬局 (tenshindo-pharmacy.com)

また、湿度が高いと身体の中の湿気も抜けきれず、まるで生乾きの洗濯物のように心も身体も重くなり、特にこの湿気に弱い「脾胃(胃腸)」の働きが悪くなってしまいます。

 

これらを予防、改善するための一番の対策としては

質の良い睡眠をとることをおススメします。

なぜなら、疲労回復、また「気(エネルギー)」の一番の回復方法が睡眠だからです。

しかし、これからの季節どうしても寝苦しい夜が続くこともあります。

睡眠不足のときは、昼寝や早目の就寝で睡眠を補ったり

冷房などをうまく活用することも大切です。

もちろん、暴飲暴食をしない、ストレスをためないなど

日常生活においても、気をつけると良い点はたくさんあります。

気になられる方はぜひ、店頭までお越しください。

感染予防対策をしっかりおこない、お待ちしております。