こんにちは、天心堂梅崎薬局の伊藤です。

いよいよコロナのワクチン接種も開始されましたね。

色々な情報が飛び交う中、そもそも予防接種(ワクチン)ってどういうもの?

自分は打っても大丈夫か?副反応って何?

などの疑問をもたれた方の相談が当店にはたくさん寄せられています。

今回はそういったことを紐解きながらお話ししてみたいと思います。

 

予防接種と言えば、小さいお子さんが打っているイメージやインフルエンザの予防接種等が頭に浮かんできます。

予防接種とは「その病気に対しての免疫をつくる種(ワクチン)」を注射したり、皮膚につけたり、飲んだりすることでその病気に対する免疫力を作ります。

 

ワクチンには主に“生ワクチン”、”不活化ワクチン”、”トキソイド”という種類のワクチンがあります。

 

・生ワクチン:病原体は生きているけれど、病原体のウイルスや細菌が持っている病原性を弱めたものです。これを接種することで、その病気に自然にかかった状態とほぼ同じ免疫力がつきます。

 

・不活化ワクチン:病原性をなくした細菌やウイルスの一部を使います。生ワクチンに比べて、免疫力がつきにくいので何回かに分けて接種します。

 

・トキソイド:細菌が産生する毒素を無毒化して接種することで、免疫を作ります。

 

今回コロナウイルスに対して作られたワクチンはこれらのワクチンとは違って、体の中にウイルスの設計図を入れて、抗体を体の中で作り免疫を獲得するワクチンです。

これを接種することで、病気への感染そのものや、感染後の重症化を防ぐことができると期待されています。

 

しかし、これらの予防接種後に発熱や、患部の腫れや痛みなど好ましくない変化をきたすこともあります。これらを副反応と言います。

多くの反応は数日のうちに消失するものばかりです。

中にはテレビなどでいわれているような重度の副反応と疑われるものも起こることがありますが、その頻度はごくまれです。

コロナウイルスに感染した時のリスクとワクチン接種したときに副反応がおこるリスクを考えながらご家族とともに慎重に検討していただきたいですね。

 

ワクチン接種後の注意点もいくつかあります。

・予防接種を受けたあとは、所定の時間接種場所で待機し、様子を観察しましょう。急な副反応はこの間に起こることが多いとされています。(接種会場内のスタッフの指示に従いましょう)

・接種当日は激しい運動はしないようにしてください。

・入浴は差支えありませんが、注射した部位をこすらないよう注意しましょう。

 

自分が打って大丈夫なのか、お薬や持病をお持ちの方、またアレルギーをお持ちの方はとても不安だと思います。

まずはかかりつけのお医者様にご相談することが必要です。

また、お薬の飲み合わせなどもきちんと確認する必要がありますので、接種時は必ずお薬手帳も持参してください。

そして、なにより病気のこと、ワクチンのこと、自分の身体のことをしっかり理解して接種に臨むことが大切です。

わからないことがあるときはいつでも天心堂梅崎薬局にご相談くださいね。