こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。

みなさん「秋バテ」という言葉を聞いたことがありますか?

秋バテの主な症状は疲れやすさやだるさ、やる気が出ない、食欲低下や消化不良、下痢、便秘などです。

思い当たる症状はありませんか?

暑い夏が過ぎ、涼しい秋になったのになぜ不調が出るのか。それは夏の生活習慣が影響しています。

秋バテが起こる原因は大きく2つ。

  1. 冷たい飲食物を取りすぎて胃腸が冷えた。
  2. 外は酷暑、室内は冷房が効いた環境にいたため、気温差で自律神経のバランスが乱れた。

です。

大量の汗をかいたことによるミネラル不足や暑さのせいで睡眠不足になって疲れが溜まっていることも影響します。

寝込んだりするほどの症状が出るわけではないのでつい放置しがちですが、秋バテを放っておくと冬の病気につながります。体調を崩しやすい冬を乗り切るためにも秋バテを早めに解消しましょう!

 

では、どのようにしていけばよいでしょう?

秋バテの根本的な原因は冷えです。ですから、秋バテ対策を行うなら、体を温めることから始めましょう。

 

まずは、「食事」です。

内臓冷えのせいで胃腸の機能が落ちたままだと、体力の回復も遅くなります。

温かいものを積極的に摂りましょう。また、ショウガやシナモンなどの体を温める食材や人参、ネギなどの根野菜がおすすめですよ。

 

「十分な睡眠」も大切です。

初秋はあまり寝られないという方もおられるかもしれません。季節の変わり目で自律神経のバランスが乱れるためです。

 

「入浴」も秋バテ対策に有効です。

入るタイミングは眠る2時間前くらい。38~39℃のぬるめのお湯にゆっくりつかること。シャワーだけで済ませず、湯船につかることで血行が良くなり、心も体もリラックスします。眠りの質も高め体力や胃腸の働きも回復していきますよ。

 

いかがでしたか?

今からの冷え対策で、内臓と自律神経を元気にして秋を思いっきり楽しんでくださいね!

何かお困りのことや気になることがあるときは、ぜひ天心堂へおこしください。

お待ちしております。