糖尿病治療を、ちょっと楽しくする方法。

食事や運動、生活習慣。
糖尿病治療は「してはいけないこと」が多くて辛いですよね。
ここでは、そんな糖尿病治療の負担を減らし、ちょっと楽しくする方法をお話させていただきます。

 

好きなものを我慢しなきゃいけない。
運動をしなきゃいけない。
カロリーだけじゃなく、糖質にも気をつけなきゃいけない。
糖尿病治療は制限が多いですよね。

 

こんにちは。
福岡県柳川市で漢方相談と調剤薬局を営業している天心堂梅崎薬局 薬局長の町田和之です。

 

店頭でお話をお聞きしていると、糖尿病の方が口々に、「制限が多くてしんどい」「続けるのが大変」とお話になります。
糖尿病の場合は食べるものすべてに注意を払わなきゃいけないから、いっそう大変なんですよね。

 

我慢しなきゃいけないのは分かっているけど、つい食べてしまう。
それで後悔してしまったり、罪悪感を感じてしまったり。
そんな経験、ありませんか?

 

我慢しているのに、糖の数値が悪化してしまう2つの理由

 

店頭でご相談をいただいていると、食事に気をつけたり、我慢しているのに血糖値やHbA1cの数値が上がってしまう方には、2つのタイプがあることに気づきます。

 

1つは頑張り方が間違っているパターン。
例えば甘いものを食べたいがために、普段の食事で主食を抜いてしまって、逆に間食が増えてしまう方がいます。

 

また、パンはご飯よりもカロリーや糖質が低いと思いこんでいる方もいらっしゃいました。
カロリーを制限するために、一生懸命ご飯を我慢して、菓子パンを食べている、なんて方も。 これではかえって血糖値をあげてしまいます。

 

頑張り方が間違っている場合は、正しい知識を知れば改善することが出来ます。

 

もう一つは「何でも我慢しなきゃいけない」と思いすぎて、続かなくなってしまうパターン。
好きなものを食べちゃいけないと我慢に我慢を重ね、我慢しきれなくなって、つい食べてしまうタイプ。
その結果、血糖値やHbA1cが悪化して、先生に怒られてしまったり・・・。

 

これは辛いですよね。 一生懸命頑張っているのに、なかなか結果に結びつかないのは。

 

このタイプの方の課題は、「何でも我慢しなきゃいけない」と思い込んでいることなんです。

 

「しちゃいけないこと」より「しても良いこと」を考えましょう

 

アレもダメ。 コレもダメ。 そう考えてしまうと息苦しくなってしまいます。

 

でも、頑張り屋の方は「全てを我慢しなきゃいけない」と思い込んでしまいます。
そして、キツくなってつい、食べてしまうんです。

 

糖尿病治療で大切なのは、「何でも我慢する」ことじゃありません。
一番大切な事は「続けられるようにすること」です。

 

残念ながら、糖尿病は「治る病気」ではありません。
「一生、うまく付き合っていく病気」です。 だから全てを我慢して耐えられなくなってしまったら、元も子もありません。

 

糖尿病対策を続けられるようにするためには、「してはいけないこと」だけを考えるのではなく、「出来ること」や「しても良いこと」を考えるのが大切なんです。
血糖値やHbA1cに一番悪影響を及ぼしていることを見つけて、そこを出来るだけ負担の少ない形で改善すること。

 

例えば、こんな方がいらっしゃいました。
その方は毎年秋になると、血糖値が高くなるんです。
春夏は安定しているのに、秋だけつい食べ過ぎちゃって悪くなる。

 

私たちは長年のお付き合いから、その特徴を見つけました。
そこで一年中我慢するのではなく、秋だけちょっと我慢してもらうことを提案したところ、一年を通して血糖値が安定するようになりました。

 

好きなことを全部、一生我慢し続けるのは至難の業です。
大切なのは続けられる方法を見つけること。
「全部我慢して食べない」ではなく、「これなら食べても良い」「この方法なら食べられる」というものを探しましょう。

 

アレもダメ、コレもダメでは辛いけれど、「出来る!」「しても良い!」が増えれば、ちょっと楽しくなりますよね!

 

しても良いが増えれば、糖尿病治療も楽しくなる!

 

もちろん、糖尿病である以上、何でも今まで通りで良いわけではありません。
我慢しなきゃいけないところは、我慢しなきゃいけません。
だから、我慢できる方法、続けられる方法を一緒に探しましょう。

 

店頭でご相談くださった方に食事内容の見直しとサプリの活用をご提案したところ、3か月で数値が改善して、先生に褒められた方がいらっしゃいます。
漢方薬を使うことで数値が下がって、先生がビックリしたという方もおられます。

 

ぜひ一度、ご相談にお越し下さい。
どうすれば負担が少なく、続けられるのかを一緒に考えましょう。

 

あなたの数値がなぜ悪化しているのか。
何が原因で我慢が辛くなっているのか。
我慢しているのに悪化している原因は何か。
あなたの生活習慣やライフスタイル、体質をお聞かせください。

 

「してはいけないこと」だけを考えるのではなく、「出来る方法」や「しても良いこと」も考えましょう。
そうすればきっと、もっと楽しく治療が出来るようになります。

 

まずは相談にお越し下さい。
初回のご相談には1時間ほどかかります。
様々な角度から、病気の原因を探るためです。

 

ですから、ご相談の際にはご予約をお願いしています。
ご予約があれば、待ち時間無くご相談いただけますから。
下のご相談フォームか、お電話ボタンから「糖尿病の相談をしたい」とご予約下さい。

 

続けられる糖尿病対策が見つかって、今まで以上に元気で楽しい毎日を過ごされることを心から願っています!