thumbnail

2021年9月11日

注意したい低血糖

こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。 前回は、低血糖とはどのようなものか、自覚症状などをご紹介しましたね。 今回はどのようなときに起こりやすいか、起きた場合にどのような対処をすればよいのかをお話したいと思います。   低血糖とは、普段一定に保つようコントロールされているエネルギー(糖)が70mg/dl以下になったり、急激に血糖値...[続きを見る]

無料動画セミナーで講師は漢方薬生薬認定薬剤師

2021年8月30日

糖尿病改善セミナーへのご参加ありがとうございました!

こんにちは! 天心堂梅崎薬局 管理薬剤師の町田です。   8/17に糖尿病改善セミナーを開催いたしました!   今回の糖尿病改善セミナーでは ・糖尿病とはどんな病気? ・糖尿病の危険因子 ・糖尿病の検査 ・糖尿病の合併症 ・低血糖とは? ・糖を利用するからだのしくみとは? ・インシュリンのはたらき ・糖...[続きを見る]

thumbnail

2021年8月14日

注意したい低血糖

こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。 今月は当店で注意喚起をしている「低血糖」についてお話しますね。   糖尿病の治療で頻度が高く、最も怖いのが低血糖! 普段、少しでも血糖値を下げようと、食事や運動をがんばっておられると思います。 しかし、そのがんばりの結果さまざまな原因で血糖値が下がりすぎることがあります。 それが低血糖な...[続きを見る]

thumbnail

2021年7月31日

水分の摂り方について

こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。   夕立ちなどもなく、暑さの厳しい日が続いていますね。 部屋の中にいても熱中症になってしまうような日々です。 私たちもお薬をお渡しするときによく、こまめな水分補給をお願いするようお話していますが、私たちはいつ、どれくらいの水分を摂ればよいのでしょうか?   季節やそれぞれの環境...[続きを見る]

無料動画セミナーで講師は漢方薬生薬認定薬剤師

2021年7月16日

骨元気セミナーへのご参加ありがとうございました!

こんにちは! 天心堂梅崎薬局の管理薬剤師 町田です。   7/13に骨元気セミナーを開催いたしました! 緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の関係で 開催日時のご連絡が遅れてしまいましたが 無事開催する事が出来ました!   今回の骨元気セミナーでは ・骨粗しょう症とはなにか? ・骨の役割 ・骨の生まれ変わり ・骨粗しょう症の診...[続きを見る]

thumbnail

2021年6月26日

梅雨と皮膚

こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。   いよいよ本格的な梅雨シーズンの到来ですね。 ジメジメ、ベタベタが強いこの時期は、湿疹やかゆみ、また水虫などの皮膚トラブルの相談も増えてきます。 今回は梅雨から夏にかけての皮膚トラブルと東洋医学の関係についてお話ししますね。   本来皮膚はどのようにして健やかな状態を保ってい...[続きを見る]

thumbnail

2021年6月9日

ワクチン接種とは

こんにちは、天心堂梅崎薬局の伊藤です。 いよいよコロナのワクチン接種も開始されましたね。 色々な情報が飛び交う中、そもそも予防接種(ワクチン)ってどういうもの? 自分は打っても大丈夫か?副反応って何? などの疑問をもたれた方の相談が当店にはたくさん寄せられています。 今回はそういったことを紐解きながらお話ししてみたいと思います。 &nb...[続きを見る]

thumbnail

2021年5月29日

熱中症と東洋医学

こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。 今年は例年になく早い梅雨入りとなってしまい、ムシムシした日が続きますね。 まだまだマスクも外せない今の時期。このような気候になると心配になってくるのが「熱中症」です。 今回は「熱中症」と東洋医学の関わりをみていきたいと思います。   「熱中症」とは、体温の上昇によって体内の水分や塩分を失っ...[続きを見る]

漢方

2021年5月20日

東洋医学ってどうやって生まれたの?

古代中国で生まれた東洋医学。 広大な大陸ですから気候も違えば食べるものも違いますよね。 ということは治療法も地域によって異なるわけです。   こんにちは。 天心堂梅崎薬局筑紫町店の薬局長、漢方薬・生薬認定薬剤師の町田和之です。   東洋医学は古代中国の東・西・南・北・中央で生まれました。   ①東:砭...[続きを見る]

thumbnail

2021年5月15日

処方箋の有効期間について

病院でもらう処方箋には有効期間があるんですよ!   こんにちは。天心堂梅崎薬局の伊藤です。   普段は処方された日に薬局に処方箋を持っていくので、有効期間があることを知らなかったという方もいらっしゃいます。 処方箋の有効期間は、特別な事情がない限り4日間と定められています。 では、なぜ原則4日間と定められているのでし...[続きを見る]