ジェネリック医薬品を使ってお薬代を安くし、
医療費も削減できます!

ジェネリック医薬品(後発医薬品)をご存知ですか?
薬代や医療費の負担を軽く出来るので、利用する方が増えているお薬です。

 

天心堂梅崎薬局の伊藤正美

こんにちは。
福岡県柳川市で漢方相談と調剤薬局を営業している天心堂梅崎薬局の伊藤正美です。

 

ジェネリック医薬品ってなに?

ジェネリック医薬品

 

病院で処方されるお薬には2種類あります。
先発医薬品と後発医薬品の2つ。

 

先発医薬品というのは、製薬メーカーが新しく開発した薬のことです。
製薬メーカーはお薬の特許をとって製造を始めます。

 

特許の期間は20年~25年。
その特許期間が過ぎると、開発したメーカー以外も、同じ成分の薬を作ることが出来るようになります。
これがジェネリック医薬品(後発医薬品)です。

 

ジェネリック医薬品は先発品と同じ?

 

先発医薬品とジェネリック医薬品は、有効成分は全く同じです。
ただし、色や形、添加物などが違う場合があります。
ジェネリック医薬品の中には、先発医薬品をさらに改良して、飲みやすく工夫されたものもあります。

 

また、最近は先発医薬品メーカーが、自社の薬のジェネリック医薬品を発売する場合も増えています。
これをオーソライズドジェネリックといいます。

 

この場合、お薬の名前や刻印は変わりますが、添加物を含む全ての成分が全く同じもので作られています。
つまり、まるで同じお薬で、お薬代だけ安くなるわけです。

 

私たち天心堂梅崎薬局は、オーソライズドジェネリックがある場合は、そちらを優先して取り揃えるようにしています。

 

ジェネリック医薬品はなぜオトク?

ジェネリック医薬品

 

お薬の研究・開発には莫大な費用がかかります。
しかし、ジェネリック医薬品は既に特許が切れた薬のため、研究開発費や広告宣伝費をかけずに作ることが出来ます。
その分、お薬の値段が安くなるわけです。

 

また、国の医療費も安くなります。

 

お薬代は患者様が負担する一部負担金だけではありません。
例えば医療費の負担が1割、薬局に支払うお薬代(薬剤費)が500円だった場合、残りの9割(4,500円)は国の保険から支払われます。

 

もしこのお薬をジェネリック医薬品に変更し、お薬代が300円になったとしますね。
すると国の保険が負担するお薬代も、4,500円から2,700円に減少します。
その分、国の医療費が下げられるわけです。

 

少子高齢化が進むなか、子供たちや未来の日本のためにも、医療費の削減にご協力下さい。