食事の量が減ってきた・・・それは胃腸虚弱かもしれません。

食欲がない。やせ過ぎだと思うけど、太れない。
ご飯が美味しくないし、量も少ない。
そんな風にお悩みではありませんか?
このページでは、それらのお悩みの原因とアドバイスをお話します。

 

漢方相談と調剤薬局を営業している天心堂梅崎薬局の梅崎正文

 

こんにちは。
福岡県柳川市で漢方相談と調剤薬局を営業している天心堂梅崎薬局の梅崎正文です。

 

食事は健康の基本。
それが分かるだけに、食事が美味しくなかったり、量が減ってくると心配になりますよね。

私たち天心堂でも、そんな食事のお悩みやご相談をいただきます。
もし、食欲や食事量が減ってきたり、ご飯が美味しくないと感じているなら、それは胃腸の弱りのせいかもしれません。

 

健康な体は良い食事が作ります。
「歳のせいやけん、仕方なか」と諦めてしまわずに、一緒に改善しませんか?

 

胃腸虚弱の「2つのタイプ」とは

AかBか、選んでいる写真

 

しっかり食事を摂りたいんだけど、食が進まない。
食べても美味しく感じない。
無理をして食べると、胃もたれしたり苦しくなってしまう・・・。
そんな食のお悩みを抱えている方は、実はとても多いんです。

 

こうした食のお悩みの原因は、胃腸の弱りです。
いわゆる、「胃腸虚弱」です。
胃腸が元気に働けなくなっているから、たくさん食べられ無くなったり、美味しく感じなくなったりするのです。

 

胃腸虚弱でお悩みの方は、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

1.加齢タイプ
2.生まれつきタイプ

 

それぞれのタイプの特徴を見ていきましょうね。

 

加齢タイプの胃腸虚弱の特徴とは?

胸を抑えながら食事をしている女性

 

  1. 1.加齢タイプの胃腸虚弱の方は、こんな特徴があります。

 

・食事量が減った
・油料理が食べられなくなった
・胸やけすることが増えた
・肉や魚よりもあっさりしたものを好むようになった

 

よく「歳のせいで食べられなくなってきた」というのは、このタイプですね。
食事量が減ったうえに、あっさりしたものばかりを食べるようになったために、栄養不足に陥ってしまうことが多いタイプです。
病院の検査でも、タンパクやコレステロール値が下限ギリギリまで低下することもあります。

 

確かに、年齢とともに胃腸の機能は低下していきます。
ですから、ずっと若い頃と同じような食事をし続けるのは難しいもの。
でも、体に必要な栄養が摂れないのは、やっぱり問題ですよね。

 

生まれつき胃腸の力が弱い胃腸虚弱の特徴とは?

眉間に手をあて苦しんでいる女性

 

人間は生まれ持った体質があります。
胃腸が強い人もいれば、元々胃腸が弱いタイプの方もいます。
生まれつき胃腸虚弱な方には、こんな特徴もあります。

 

・胃もたれしやすい
・疲れやすい
・風邪をひきやすい
・冷え性
・太れない
・便秘や下痢をしやすい

 

加齢と共に食事量が減ってきたというよりは、元々食事量が少なく、体が弱いタイプの方ですね。

 

人間の生命力は、親から受け継いだ「先天の精」と、飲食物から得る生命力=「後天の精」があります。
生まれつき胃腸が弱いタイプは、後天の精を充分に摂り入れることが出来ないので、疲れやすかったり、風邪をひきやすかったりするんです。

 

加齢タイプにしても、生まれつきタイプにしても、胃腸の弱さをそのままにしておいてはいけません。
なぜなら、健康の基本は食事だから。
食事から十分な栄養を摂り入れられなければ、様々な病気を呼び込んでしまうんです。

 

胃腸の弱りが、他の病気の原因になる

お腹をおさえて苦しそうな女性

 

胃腸の弱りが招く、様々な症状。
例えば骨粗しょう症。
骨を元気な状態で保つためには、骨の材料であるカルシウムやコラーゲンを補給しなければいけません。

 

でも胃腸が弱いと、食事から必要な材料を摂り入れることが出来ません。
その結果、骨がドンドン弱くなってしまいます。

 

冷えもそうです。
熱を生み出すためのエネルギーを摂り入れられなければ、体全体が熱不足に陥ります。
エネルギー不足が続けば、体力が低下し、慢性的な疲れやだるさを感じるようになります。

 

免疫力も低下します。
免疫力が低下すれば、格段に病気が増えてしまいますよね。

 

それに、見逃せないのが病気治療への悪影響。
せっかく病気を治すためのお薬を飲んでも、成分を消化吸収できなければ、役立てることは出来ませんよね?

 

胃腸虚弱を放っておくと、新しい病気を生み出すだけでなく、今の病気を治すことの妨げになってしまうんです。
逆に言えば、胃腸を元気にすることが出来れば、他の病気を予防し、今の病気を治すことを早めることも出来るんです。

 

だから、すぐにでも胃腸を元気にする取り組みを始めましょう!

 

胃腸を活発にして、元気な毎日を過ごしましょう!

笑顔の女性

 

胃腸を元気にするために、真っ先にやるべきことは、あなたにピッタリの対策を見極めることです。
胃腸虚弱の直接的な原因は加齢と生まれつきの体質ですが、必要な対策は人それぞれで異なるからです。

 

食事の内容を見直すことが必要かもしれません。
食べる順番を変えることで、無理なく必要な栄養を摂り入れる食事が出来る場合もあります。
ストレス対策が必要な方もいれば、睡眠や休息が不足しているケースもあります。
食事量を無理に増やすのではなく、お薬やサプリで補うのが有効な方もいます。

 

どの対策がピッタリなのかは、人によって様々です。
あなたに合わない対策を続けてしまうと、かえって体に負担がかかります。

 

ですから、まずは一度ご相談にお越し下さい。
あなたの生活習慣やライフスタイル、体質をお聞かせください。
一緒にピッタリの対策を探っていきましょう。

 

胃腸が元気になれば、体全体に生命力が満ちて、イキイキ元気になってきます。
体力や抵抗力、免疫力もアップして、病気になりにくい体や治りやすい体を作ることが出来ます。

 

生まれつきの体質は、時間はかかりますが変えることが出来ます。
年齢を若返らせることは出来ませんが、胃腸の働きを改善し、同年代の人よりも元気にすることは出来ます。

 

漢方相談と調剤薬局を営業している天心堂梅崎薬局の梅崎正文

 

まずは相談にお越し下さい。
初回のご相談には1時間ほどかかります。
様々な角度から、対策を考えるためです。

 

ですから、ご相談の際にはご予約をお願いしています。
ご予約があれば、待ち時間無くご相談いただけますから。
下のご相談フォームか、お電話ボタンから「胃腸の相談をしたい」とご予約下さい。

 

あなたの胃腸が元気になって、今まで以上に元気で楽しい毎日を過ごされることを心から願っています!